公式サイト桑野式内画法姓名判断
桑野式内画法姓名判断/成り立ち<新しい姓名判断の誕生、継承から確立へ>
新しい姓名判断の誕生から継承までの真実の軌跡。そして素晴しい姓名判断への確立と宗家くわの擁齋の現在まで。
桑野式内画法姓名判断/桑野式の概要
五格四運、内画法、同格・同数現象、画数解説。名前の隠れた本質を読み取る桑野式の手法を厳選して紹介。
桑野式内画法姓名判断/著書紹介と声
桑野式の真髄と豊富な実例を取り上げた詳細・充実の姓名判断解説書。相談者から寄せられた多くの声も紹介。
桑野式内画法姓名判断/愉解!名前の達人
桑野式おもしろ講座。毎回、テーマに合わせた様々な視点から名前の魅力をやさしく解説。
桑野式内画法姓名判断/営業のご案内
赤ちゃん命名・改名・開運等の相談はオフィスくわのしきへ。くわの擁齋が名前と生年月日を通じて一人一人の個性にしっかり向き合う最新判断。
桑野式内画法姓名判断/過去の日々所感
独自の視点で見つめた雑感から名前の周辺にまつわるこぼれ話まで。くわの擁齋の日々なる想いを綴ったエッセイのバックナンバー。
成り立ち <継 承>編
桑野式内画法姓名判断とは、義父桑野燿齊(後に嘉都朗と改名)が創始し、後継者として二代目宗家に任命された私くわの擁齋へ伝承された運命術です。一途な思いを抱いたピュアな魂の持ち主であった一人の若者が、わが身を痛めつけながら苦悶と修行を続け、そこから搾り出したエッセンスを結晶のように輝かせて結実させた、素晴らしい姓名判断です。父の歩んだ道のりを振り返りながら、この姓名判断が生み出された真実と奇跡のエピソードを紹介し、その存在を一人でも多くの方にご紹介したいと思います。
<継 承>編
そして、姓名判断を実践する者、わたしという人間の心の重要性も強く認識しています。どんなに優れた技法、立派な理論であっても、それを人の救済に用いようとする者が、邪な思いや、自分欲に覆われている状態では、真実を見極める目を曇らせ、正しい方向を指し示すことなど到底できないことを、祖母、父の心を通じ教えられ、痛感してきました。
―くわの擁齊著「最新版桑野式内画法姓名判断」より―
 −真 果−
 「そんなバカなことなどあるはずがない」、「作り話に決まっている」、そう思われるのは当然のことです。本当に有り得ないような奇跡なのですから。でも内画法誕生の秘話はまぎれもない真実なのです。

 それにしてもなぜ祖母は、神仏が守護するかのように先代を気遣い、そして寄り添い、毎朝夢の中に出てきては運命判断の方法を教えたのでしょうか。そこには慈愛に満ちた祖母の魂と、余計なものを潔く脱ぎ捨てた、純粋でひたむきな先代のエネルギーが確かに存在していたからにほかなりません。

 先代の占い師としての評価は日に日に高まり、経済界、警察方面の重職にある人物や地元実力者からの支持も得ていきます。やがて街頭に立ってから七年目、「九州で一番繁昌する易者」と称されるまでになりました。

 当時評判を得て、特異な能力と活躍が注目されました。毎日新聞九州版にエピソードが記事で紹介されたり、全国発売の少年雑誌にも「何でも見える不思議なおじさん」というタイトルで霊視力への驚きが掲載されています。

 −出会い−
 そんな先代の存在など、何も知らない私がいました。

 私は昭和46年に結婚。連れ合いの父親であった先代とは、その交際中に初めて出会うことになります。

 ちょっととぼけていて飄々とした熟年紳士。そんな第一印象をみせてくれた先代に対し、特別な既成イメージなど持つことなく、一人の人間として、素直にその人柄と存在に惹かれ、愛着と尊敬の念を抱くことができたのです。

 先代と私、どちらもお互いに人間が好き、話しが好き、楽しむことが好きという面を共有していました。生活を共にして、他愛もないことから時事問題に至るまで何でもよく語り合い、思い立つと気の向くままに私の運転する車で遊びに出かけ、食事やドライブを楽しみ、競馬の予想も一緒に並んで頭をひねったものです。

 ただ、姓名判断という先代の仕事に対しては、特別な分野のこと、自分とはまったく違う世界のことと考えていました。

 −潮 流−
 ある日、先代を囲んだ4名が真顔で討論していました。皆、先代を信奉し、姓名判断を学んでいる方ばかりでした。議論の題材として取り上げられていたのは、その頃、日本中を震撼させていた浅間山荘事件です。連合赤軍が山荘の管理人を人質に篭城、警察側が人質救出のための強行作戦を準備している、まさにその最中のことでした。

 既に占い師として円熟の域に達していた先代は、威厳に加え、老獪さと無邪気さを併せ持ったような魅力もまとっていました。鋭敏な感覚は内に隠し、決定的な示唆や発言を人前で見せつけることはめったにしなくなっていました。

 この時も、少し高みから目元に笑みを宿して皆の様子を眺めつつ、聞き役に徹していました。おそらく自らが発する言葉の重みや鋭利さを充分に認識していたのでしょう。特に討論の場においては、自由な発想や意見を左右してしまうようなことは極力避け、喧々囂々の意見交換を楽しんでいたのだと思います。

 まだ占いにはまったく興味のなかった私も、先代の傍らで、誰もが注視している大事件に対し、一体どんな意見が飛び出すのかと、じっと耳を傾けていました。

 ところが、四人の出した答えは、どれも一様に極めて悲観的なものばかりで、希望のかけらもない予測だったのです。居合わせた私は、もやもやとした思いが内に湧き出し、どうにも黙っていることが出来なくなっていました。

 「人質は必ず無事救出される。でも、救出に向かう前線の警察側には死者も覚悟しなければならないでしょう。関係者の負傷はおそらく十人以上にのぼる」

 占いとは関係なく、現実を直視した自分の素直な感覚のまま、そう発言していました。

 その後、救出作戦決行の模様は先代と共にテレビで見つづけました。そして、迎えた結末は誰もが予想を外し、ただひとり私の発した言葉が的中していたのです。

 そんなことが幾度か続きました。先代を慕って集っていたのは、皆、私よりずっと年上の方々ばかりでしたが、突然のように出現した私の存在に驚きを隠しませんでした。一方、「占い」というものへの漠然とした印象しか持たなかった私は、さらにその存在から遠ざかるように、より「普通の常識」を好んでいったのです。

 −呼びかけ−
 いつだったか、私の結婚式に出席してくれた親友N君との思い出を先代に語ったことがあります。

 お互い新入社員同士で、寮の同室だったN君が、ようやく仕事にもなれてきた頃、出先で大事な会社のお金を紛失。金額は当時の新入社員の年収を上回り、東北から上京して間もないN君は、事情があって実家にも頼れず、窮地に立たされます。

 直属の上司は、N君一人の責任として処理しようとしたため、私は「N君がどういう人間か、よく知っているではないか」と、その上司に必死で抗議しました。私の親族にも事情を話して頭を下げ、カンパを集めてもらいました。私に出来るのはそんなことくらいしかなかったのです。

 結局N君は、そのまま仕事を続けながら何年かかっても必ず毎月返済していく、ということを会社側に申し出て、なんとか決着したのです。

 私は三年程でこの会社を辞めましたが、N君は会社に残り、約束どおり損失金を見事に完済、あの時の辛い試練を自力で乗り越え、だからこそ今は会社の重要ポストにあるんだ、そんな親友を誇りに思う私の気持ちを、頷きながら聞いてくれた先代は、こう続けました。

 「人へ思いを寄せることが、何よりも一番大切なことだよ。だから、あなたには占いの才がある」そんな風に私に呼びかけてくれたのです。「でも占いなんて誰にでも出来ることではないでしょう」と私が答えると、「あなたも今にきっとわかる」先代はそう言って笑っていました。

 −祖母からの伝言−
 そんな私の中に変化が生じたのは、先代の突然の入院がきっかけでした。

 病院のベットで横たわりながら、先代は自分の過去や運勢判断のことについて、堰を切ったように私に語りだしてくれました。

 それから数日が過ぎ、私は、いつになく不思議な夢を見せられます。

 空は穏やかな晴天でのどかな風景の中、五十歳位の女性がすっと立っていて、長い髪の若者に向かって何やら話しをしています。やがて女性は私の方に向くと「カクスウを覚えなさい」と静かな口調で言いました。

 その夢は、しっかりとした意識の中で金縛りに遭いながら、ずいぶん長い時間見ていたように感じられました。

 当時の私にとって「カクスウ」とは何なのかピンときません。しかし、その謎はすぐに解けました。先代に夢の内容を伝えると、「僕は昔、肩まで髪を伸ばしていた時があったんだ。それにその女の人はきっと僕のおふくろだと思うよ」と言われ、大いに驚かされます。“カクスウ”とは姓名判断で使われる文字の画数のことだったのだと合点したのです。

 このことをきっかけに、それまで一切興味を示さないでいた先代の本「新しい姓名判断」を初めて手に取り、ゆっくりページをめくってみました。あの夢の記憶、「カクスウを覚えなさい」という、祖母に違いないあの声は、それ以来私の耳元から離れることはありませんでした。

 昭和49年11月のことです。先代の元で運命学を習得し、専業とすることを決意しました。

 −秘術の伝承−
 祖母が夢に現われて以来、私はこれまで経験したことのない異質な感覚を味わうこととなりました。

 気配に非常に敏感になっていったのです。街を歩いていて、すれ違った人の意識が胸にガツンと飛び込んできてうずくまってしまったり、遠く離れたところにいる友人知人の思いの断片が、突然おそってきたりしました。まるで自分の中の何かがグラグラと揺さぶられているような感覚です。

 そんな中、運命学を専業として二年目を迎え、東京で易者としての仕事ぶりも板についてきた頃、ふと、先代の歩んだ温もりに触れてみたくなりました。福岡を訪ねた私は、祇園町にあるご先祖様の墓参りを済ませると、足が向かったのは、あの篠栗の霊場です。「そうしなければ」そんな確乎としたものに導かれているかのようでした。

 山中を巡拝し、通称紅葉の滝で水行をし、夜は大樹の下に座り朝を迎えました。そして、向こう千日間水垢離し瞑想する旨の願をかけ、真夜中、声をあげながら水を体にたたきつけ、無心に暗闇の中で座り続けていきました。無事、願かけを終えてからは、勘も冴え、先代と運命学について盛んに討論もできる、ほんとうに充実した日々を送ります。

 私にとって、とてつもなく大きな存在でありながら、先代から与えられたものは「学ぶ」ことのみにとどまりませんでした。最も身近にあって、その背を後ろから追い、向き合ってはお互いの思いを交換、そして共有するという日々は、たくさんの喜びと気づきを私にもたらしてくれたのです。

 そして昭和55年、祖母の命日に先代の命を受け、桑野式内画法姓名学の後継者に擁立された私は、先代からすべてを託されたのでした。

 −大樹の如く−
 以来、引き継いだ秘術の伝承と研究に、安易な近道はないと肝に銘じ、しゃにむに名前と対峙していた弱冠三十代の当時を振り返れば、自分に鉄筆を加えるが如く激しく仕事に臨み、一日が24時間ではとても足りない毎日を送っていました。

 そして現在、名前に取り組むことがまぎれもない天職であると確信している私がいます。何より姓名判断を実践する者、私という人間の心の在り方に重きを置き、とんがった一途な激しさから、冷静さと緻密さに裏付けされたしなやかな形体へと変化してきたことに、私自身が改めて気づかされます。

 先代との出会いから、これまでの艱難と歓喜が混ざり合ったすべての経験と学びは、何ものにも変えがたい貴重な宝物。そのすべてが、私の中でいくつもの引き出しに整理され、多様な活用のプロセスへと広がります。そして、ワクワクするような気持ちでさらに先へと進んでいけるのは、それらが大きな存在として、私自身をしっかり支えてくれているからに他なりません。

 晩年、先代は「私が死んだら、あなたが困ったときにはきっと夢に出て教えてあげるから」と真剣な表情でよく口にしていました。「あなたに会えてよかった。僕よりも上手になったね」と励ましてもくれていました。

 “あなたに会えてよかった・・・”こんな幸せな言葉を私は他に知りません。私が宗家を継承した翌年、敬愛して止まない先代は、くしくも祖母の命日に静かにこの世を去ったのでした。

<メソッド>編へ続く
このサイトについてのご意見ご感想はこちらへ Eメール:info@kuwanosiki.com
なおメールによるお名前のご質問、ご相談はお受けしておりません。
ご了承ください。

桑野式内画法姓名判断(R) および内画法(R) はくわの擁齊の登録商標です
Copyright 2002-2010, Yousai Kuwano
ページ内容の無断転用・転載はご遠慮ください
Copyright 2002-2010, Office Kuwanosiki, all rights reserved