公式サイト桑野式内画法姓名判断
桑野式内画法姓名判断/成り立ち<新しい姓名判断の誕生、継承から確立へ>
新しい姓名判断の誕生から継承までの真実の軌跡。そして素晴しい姓名判断への確立と宗家くわの擁齋の現在まで。
桑野式内画法姓名判断/桑野式の概要
五格四運、内画法、同格・同数現象、画数解説。名前の隠れた本質を読み取る桑野式の手法を厳選して紹介。
桑野式内画法姓名判断/著書紹介と声
桑野式の真髄と豊富な実例を取り上げた詳細・充実の姓名判断解説書。相談者から寄せられた多くの声も紹介。
桑野式内画法姓名判断/愉解!名前の達人
桑野式おもしろ講座。毎回、テーマに合わせた様々な視点から名前の魅力をやさしく解説。
桑野式内画法姓名判断/営業のご案内
赤ちゃん命名・改名・開運等の相談はオフィスくわのしきへ。くわの擁齋が名前と生年月日を通じて一人一人の個性にしっかり向き合う最新判断。
桑野式内画法姓名判断/過去の日々所感
独自の視点で見つめた雑感から名前の周辺にまつわるこぼれ話まで。くわの擁齋の日々なる想いを綴ったエッセイのバックナンバー。
成り立ち <メソッド>編
桑野式内画法姓名判断とは、義父桑野燿齊(後に嘉都朗と改名)が創始し、後継者として二代目宗家に任命された私くわの擁齋へ伝承された運命術です。一途な思いを抱いたピュアな魂の持ち主であった一人の若者が、わが身を痛めつけながら苦悶と修行を続け、そこから搾り出したエッセンスを結晶のように輝かせて結実させた、素晴らしい姓名判断です。父の歩んだ道のりを振り返りながら、この姓名判断が生み出された真実と奇跡のエピソードを紹介し、その存在を一人でも多くの方にご紹介したいと思います。
<メソッド>編
何よりも大切なのは、わたしの話しに頷いてくれることではなく、自分のこころが発する内なる声に素直に耳を傾けつつ、前へと進んでいくことなのです。それに呼応するように、素晴らしい名前も本来の光を放ち、輝きを増してゆくことでしょう。困難を乗り越えたとき、必ず大きな成長が伴うように。
―くわの擁齊著「最新版桑野式内画法姓名判断」より―
 −疲弊する心−
 長く続いた右肩上がりの成長、やがて押し寄せてきたバブル全盛とその崩壊という道を私たちは辿ってきました。そして現在、ハンバーガーが59円で売り出されて大きな社会ニュースとなることが象徴するように、かつて経験したことのないデフレの激流のただなかに身をおきます。

 5年先、10年先どころか、明日何が起こっても不思議ではないほど、世の中も人の価値観も地球規模で混沌としています。私たちが快適にと望む暮らしと、猛スピードで変貌しつづける社会システムはどんどん乖離し、同時に何かに追われるように余裕を失っているかのようです。進むべき道を見出せずにいる不安定な意識の拡大膨張は歯止めがかからず、掴みどころのない居心地の悪さを感じて仕方がありません。

 私のもとへ相談に訪ねてくるごく普通の人々の中にも、とても疲れ果て、心を病んでいることにさえ気づかず、もがき苦しんでいる姿が顕著に増えてきています。

 姓名判断という私の仕事を通して感ずるその変化の激しさと歪みに、いかに本質を見極めながら適切に対応していくべきか、毎日毎日が難関と刺激と憔悴、そして発見と安堵の繰り返しです。

 −雷(いかずち)と月明−
 これまで画家、音楽家、陶芸家、作家、芸能人、スタイリスト、宗教家、教育者、経営者、医師、政治家といった、あらゆる分野、職種で活躍する方々のたくさんの依頼に応えてきました。

 数字は吉と凶に振り分けられ、画数にも吉面と凶面があり、そこから姓名判断が始まります。でもそれはほんの最初の一歩に過ぎません。名前から展開した数字を画一的に分析し、ただ解釈を並べ立てるだけの作業なら、それに意義を見出すことなど私には出来ません。

 障害のある方、難病と闘う方、目標に向かってチャレンジしている方、ヒリヒリするほどの深い心の傷を抱えている方、これまで誰にも評価されることなく頑張ってきた方、そんな様々な相談者に向けて、選びぬいた私なりの言葉に託し、その人の大切な本質を表現しながら、想いを伝えてきました。

 私の本を読んで手法だけを真似ても、基本的な考え方や解釈の枠組みをしっかり学んで汲み取ることが出来ず、「なぜ、こんな・・・」と思わざるをえないような名前が付けられて、後から私のところへ相談にやって来る方がいます。

 私の本を片手に持って名前を鑑定、「これが危ない」「短命」「こんなにひどい名前だ」と怯えさせるような言葉を並べ立て、実質価格をはるかに上回る高額の印鑑や開運グッズを買うようにと言われた、そんな残念でならない情報が耳に入り、困惑することもしばしばあります。

 吉数ばかりを並べればそれで安心、とにかく成功する名前を、金儲けのできる名前を、そんな名前の存在は、ずいぶん安直なことであると共に、場合によっては大きな危険も伴うことなのです。我欲ばかりを優先させれば、そのツケは必ず自分に返ってきます。そんないくつもの実例を私は繰り返し確認してきました。

 私にとって名前作りとは、一人一人の複雑な存在を理解し、最良であると自信を持って付けることのできるよう、考えうるすべての配慮を尽くした上で厳しく選択していく緻密な作業なのです。

 −名前からの発信−
 芽を出して開いたばかりの、ピンと立って天を向いている若緑の双葉を眺めていると、けなげなその姿にえもいわれぬ愛おしさが沸いてきます。

 誕生したばかりの赤ちゃんにとっての第一の仕事、初めて触れる外気を、その小さな胸に精一杯の力で吸い込みながら、「オギャァ、オギャァ」と力強く声をあげる姿には、初々しい命の精気があふれています。

 そんな小さくて柔らかな存在からは、「生きる」ということに真っすぐ向かい、ありったけのエネルギーを注いでいることが、じんわりこちら側に伝わってきて、私たちの心を掴むのでしょう。

 名前を作るという仕事は、責任とともに喜びも伴ったやりがいある作業です。これからの時代、生まれてくる新しい生命にとって、過酷ともいえる生活環境の変容や困難の大波は避けようにもありませんが、たくましく一歩を踏み出し、自分の力を存分に発揮して輝いてくれるようにとの想いを込めて仕事をしています。

 私にできることを、私なりのやり方で、先を見極める感覚に磨きをかけながら、ほんとうに大切だと思うことを名前に照らして発信すること、それが自分に課せられた役割であると強く認識させられているのです。

 −意識を見つめて−
 そして今、相談者と向き合いながら強く感じるのは、自分の言葉で自分の心の内を誰かに向かって語り、聞いてもらい、そして自分なりの思いを伝えて他者に理解してもらうこと、他者と感情を共有すること、それをこれまでしてこなかった、あるいは出来なかった、という方がとても多いということです。

 自分の中のちょっと誇りに思う、輝いている本来の姿を、他者にはぜんぜん理解されずに、プライドがポキッと折れてせっかくの輝きを曇らせている人。

 自分の思いを吐き出したくても、またいつもの愚痴が始まったとばかりに、家族や友人には耳を塞がれ、重石のように胸に不満を溜め込んでいる人。

 自分が何もかも上手くいかないのはすべて名前のせいだ、誰かのせいだと決めつけ、それ以外のたくさんの大切なことには、まったく目を向けることが出来ないでしまっている人・・・。

 共通しているのは、毎日繰り返される感情のブレによって、しなやかさやみずみずしさを次第に奪われ、頑なで一面的なものの捉え方や感じ方に凝り固まった、意識の萎縮です。この萎縮に刺激を与えて、柔らかく解きほぐすのも私の仕事、姓名鑑定としての大切な要素と考えます。

 ミストのようにやさしく注がれる水分を、たっぷりと含んで元気を取り戻す植物のように、私たちの乾いた感情は、水分を欲しているのです。のびのびと根をはることの出来る、滋養豊かな土のパワーを必要としているのです。

 何より、まずはそのことに気づくこと。そこから新しい一歩が始まります。

 −輝く内なる自信−
 どんな表情で、どんな気分で、どんな生き方を選ぼうと、時間が経過し、季節が移り変わり、時代が変化を遂げていく流れは、誰にも平等に移ろい、とどまることは決してありません。

 ドッグイヤーという言葉が躍り、地球規模で予測の出来ない現象が頻発する現代。

 だからこそスローという価値感にこだわることも、変化の流れを逆手にとって最先端で波乗りをエンジョイすることも、どれも自分らしさに帰趨した、偽らない、無理のない自由な選択をすることが、第一であるべきだと私は考えます。なぜなら、これまでに私が出会ってきた、そんな選択を実践している人たちは、誰もがみな素敵な顔で輝いているからです。

 その輝きは、押し寄せる波を自分のこととして受け止めながら、さらに前へと進むことが出来る証です。進むだけではありません。時には、立ち止まって周りを見まわしたり、遠回りをして違う道を歩いてみるのも、新しい発見や出会い、楽しみがあるものです。どれ一つとして無駄なことなどありません。

 しかし同時に、自分を偽らない素直な選択とは、実はとても難しいことでもあります。ましてや、がんじがらめになってもがき苦しんでいる人にとっては、なおのことでしょう。まずは、複雑に絡み合ってしまっている縛りを、根気強く紐解く作業から始めることも必要となるのです。

 −素晴らしい姓名判断へ−
 何もかもとんとん拍子に事が運び、嬉しい悲鳴をあげながらも、気づかぬうちに激しいストレスにさらされて心がささくれ立っている人がいます。また、まるで真っ暗闇の中に迷い込んで出口が見つけられないように、すっぽりと孤独に陥ってしまっている人もいます。

 人生の中の上昇気流にある人も、沈滞ムードの只中にある人も、適材適所に反映させた桑野式の分析と活用によるアドバイス、工夫を凝らした対応で、よりよい選択を見出していくことが可能となるのです。

 ほんとうに名前を大切に思う方が、そして桑野式内画法姓名判断に信頼を寄せてくださる方が、私を必要としてくださるなら、私の中に蓄積されたすべての手法と発想と経験を注ぎ込み、名前を通じて最大限に応えていきます。

 それが、変わることのない私の大切な仕事だからです。

 これまでも、そしてこれからも。

このサイトについてのご意見ご感想はこちらへ Eメール:info@kuwanosiki.com
なおメールによるお名前のご質問、ご相談はお受けしておりません。
ご了承ください。

桑野式内画法姓名判断(R) および内画法(R) はくわの擁齊の登録商標です
Copyright 2002-2010, Yousai Kuwano
ページ内容の無断転用・転載はご遠慮ください
Copyright 2002-2010, Office Kuwanosiki, all rights reserved