公式サイト桑野式内画法姓名判断
桑野式内画法姓名判断/成り立ち
新しい姓名判断の誕生から継承までの真実の軌跡。そして素晴しい姓名判断への確立と宗家くわの擁齋の現在まで。
桑野式内画法姓名判断/桑野式の概要
五格四運、内画法、同格・同数現象、画数解説。名前の隠れた本質を読み取る桑野式の手法を厳選して紹介。
桑野式内画法姓名判断/著書紹介と声
桑野式の真髄と豊富な実例を取り上げた詳細・充実の姓名判断解説書。相談者から寄せられた多くの声も紹介。
桑野式内画法姓名判断/愉解!名前の達人
桑野式おもしろ講座。毎回、テーマに合わせた様々な視点から名前の魅力をやさしく解説。
桑野式内画法姓名判断/営業のご案内
赤ちゃん命名・改名・開運等の相談はオフィスくわのしきへ。くわの擁齋が名前と生年月日を通じて一人一人の個性にしっかり向き合う最新判断。
桑野式内画法姓名判断/過去の日々所感
独自の視点で見つめた雑感から名前の周辺にまつわるこぼれ話まで。くわの擁齋の日々なる想いを綴ったエッセイのバックナンバー。
愉解! 名前の達人
テーマ 「横同格(よこどうかく)な人」 (3/6)
第3回:ケチ!
今回はある男性の名前から横同格を見つめてみましょう。
まず彼の生活ぶりを簡単に紹介します。

東京近郊に住み、平日は忙しい仕事に追われ、朝早く家を出て帰宅は毎夜遅くなってしまう彼は、かわいらしい奥様と元気いっぱいの9才と6才の子供と共に、家族揃ってゆっくりと過ごす休日が何よりの幸せだとしみじみ感じます。実は彼は、幼少の時に両親が離婚、それ以来、父と二人だけの生活をずっと続けてきました。その父もすでに他界しています。

さて、奥様にとってはそんなマイホームパパにも不満があります。いわく「とってもケチ!」とのこと。フタのチョウツガイが壊れている炊飯器を早く買い替えたい、電話機もコードの接続がおかしいから買い替えようと言っても「まだ使える」。節水機能の食洗機が欲しいと持ちかけても「そんなの贅沢だ」として、なかなか「ウン」と言ってくれないのに、自分の好きなものや趣味にはパッとお金を使ってしまうのだそうです。

住宅ローンを組んで2年前に自宅マンションを購入、長引く不況の影響からボーナスはここのところ減額が続き、ローン返済負担を次第に重く感じています。

それに合わせて外食はめっきり減りましたが、子供たちに大好評なのは自宅でのタコ焼きパーティ。フリーマーケットも上手に活用するなど、生活スタイルはそれなりに少しずつ変化しながら、家族揃っていい笑顔があふれ何だか楽しそうです。

高水完一さん(仮名)は、昭和41年11月19日生まれ、現在満36才、建築会社勤務、妻と二人の子供の四人家族です。

生年月日から定められている生まれ星(気学)を確認しておきましょう。本命七赤金星・月命八白土星、略して七・八の星です。

横同格に注目してください。本体の人格と外格に同じ11という数が横に並んでいます。これをまっすぐの横同格(※)といいます。

※まっすぐの横同格 ー いくつかに分類される横同格の中でも、まっすぐの横同格は横同格の基本形、もっとも強く大きくそしてはっきりと作用します。

くわの擁齋の視点
高水さんの誕生日から定められた先天的な特性を示しているのが本命七赤金星・月命八白土星。

七・八の星は敏感で潔癖、ちょっと神経質。この星は順風に子供時代を送るか、逆境の中で成長するかによって、人生に向かう姿勢が違ってきます。高水さんは両親が離婚、一番甘えたい時期に母親との別れを体験していますので、後者となるでしょう。そこに人格11と外格11の横同格をプラスして注目してみます。

生まれながらの鋭敏な感覚は、幼少時の周囲の大人たちの心の動きや機微をきちんと把握していて、子供なりにその小さな胸の中で大人たちへの配慮をめぐらせています。ほんの些細なことにもウキウキしたり落胆したりを繰り返し、それが、逆境という試練によって鍛えられながら、いつしか忍耐強さや礼儀を重んじる毅然とした雰囲気を育んでいきます。それは仕事にも反映され、会社では誠実な働きぶりで貢献していることでしょう。

妻に向かっては節約を説きながら、自分自身は実行できずに浪費するというのはまさに横同格の人の大きな特徴の一つです。経済観念が強いという面と、どうしても見栄を張ったり、華美の誘惑に惹かれてしまう面もあるため、ケチと散財という相反する特徴を持ち合わせているのです。

前回、横同格の持つエネルギーの強さについてお話ししましたが、高水さんの場合は、一歩家を出ると、周囲への気配りに神経が注がれる分だけ、ホッとできる家の中において亭主関白ぶりがより強められ、威張るという形で横同格のエネルギーが発散されているようです。ただし、彼の場合、家庭のぬくもりや和気あいあいとした雰囲気の大切さを身にしみて知っておられますから、それを糧とした新しい生き方を選択していけるはずです。

デフレが一時的な社会現象ではなく時代の潮流として長期化しつつある今。働き盛りで子供の教育にも力を注がなければならない若いご夫婦にとって、家計管理や将来へ向けた生活設計には、これまで以上に知恵と工夫を求められます。

彼には、本当に大事なことには出費を惜しまないメリハリのある上手なお金との付き合い方が必要でしょう。それを実践するためには奥様との二人三脚の協力態勢が欠かせません。同じ出費であっても、どんな使われ方をするのかによって、お金の価値も、そして人生の充実度も大きく違っていくのです。

第2回へ 第4回へ
このサイトについてのご意見ご感想はこちらへ Eメール:info@kuwanosiki.com
なおメールによるお名前のご質問、ご相談はお受けしておりません。
ご了承ください。

桑野式内画法姓名判断(R) および内画法(R) はくわの擁齊の登録商標です
Copyright 2002-2010, Yousai Kuwano
ページ内容の無断転用・転載はご遠慮ください
Copyright 2002-2010, Office Kuwanosiki, all rights reserved