過去の日々所感 No.036~No.037

No.036 2005.08.25  <秋の紅茶>


 残暑の蒸し暑さを、蝉の声とともに体感し続けた八月でしたが、今日は、台風が接近している影響で空は雨模様。気温も下がり、明け方には少し肌寒ささえ感じるほどでした。

 そんな今朝のこと。雨音を聞きながら、朝食のパンに合わせて紅茶をすすると、これが素晴しく美味なのです。昨日の朝もその前の朝も飲んでいた、同じ紅茶なのですが。

 これは私にとっては毎年繰り返される恒例のようなもの。コーヒーは365日いつも最高に美味しいと思いながら飲んでいるのですが、なぜか紅茶は明らかに違うのです。いつもの紅茶が、夏の盛りを過ぎたある日、プレミアムな茶葉に格上げされたかのように美味しく感じられる時が必ずやってきます。そしてそれが、秋の訪れをいち早く感じさせてくれる嬉しい瞬間なのです。「はぁ~、やっぱり紅茶は秋が一番美味しい」とお決まりのフレーズをつぶやき、幸福感の刹那に浸ります。

 子供の頃といえば、とうもろこしやスイカ、かき氷の旬がどんどん過ぎていく名残り惜しさ、あっという間に夏休みが終わってしまう焦り・・・。そんな夏への執着ばかりが思い出されるばかり。それが今は、これから続々と登場する収穫の秋がもたらす豊かさへと、すっかり心が向いています。そんな私にとって、秋の序章のシグナルが、しみじみとした紅茶の美味しさなのです。

 ところで、デイビット・スーシェ演じる「名探偵ポアロ」が好きで小道具一つにもワクワクしながら見てしまうのですが、ポアロにもやはり季節感があります。夏のバカンスの定番は、白い麻の仕立ての良いスーツ。でも私にはやはり、秋冬の風景の中で活躍するポアロの方が、ピタリとハマって見えます。

 上等そうなウールのコートやスーツ、シルクサテンのガウンを身にまとい、ふわっと湯気のたつアンティークのティーカップを少し気どって手にしている姿。そんな風情が、彼の独特の風味をかもし出しているように思います。そうそう、ポアロの隠れた得意技に、ティーカップの底に残った茶葉をみて吉凶を占う、紅茶占いというのがありましたっけ。

No.037 2007.03.30  <カイドウ>


 残桜の開花宣言に誘われて散歩を楽しんでいた数日前。ポツポツと開き始めた桜の隣で、いかにも嬉しそうに風に揺れている小さな赤い蕾に目が止まりました。

 こちらもソメイヨシノに続いて間もなく開花を迎えるのでしょう。ゆらゆらと心地よさげに振れているその蕾は、ぷっくりとしたふくらみを見せていて、もう弾ける寸前の様子です。

 何の花かな?と思い、近くにおられた前掛け姿の年配の女性に、「この花は何かわかりますか?」と声を掛けてみました。
「ああこれね。可愛い花が咲くのよね~」
と答えながら、名前を思い出そうとしてくれている様子。

 そこへ買い物袋をさげた、やはり年配の女性が歩みよってきて、
「その花大好き。毎年たのしみにしてるの。カイドウっていうんだけど~、ホニャララ~」と教えてくれたのです。

 この最後の「ホニャララ~」の部分。ほんとうは、カイドウの漢字を空に指で描きながら説明してくれていたのですが、残念ながら、愚かな私には正しく伝わらなかったのです。

 後で調べてみたら、正解は「海棠」。やはりちょっと難しい文字でしたが、おかげで脳細胞にしっかりインプットすることができたような気がします。

 しかも、あらためて目を向けて歩いてみれば、ここにもあそこにも、いたるところにカイドウが植えられているじゃないですか。多くの人に長く親しまれている樹木だったのですね。桜だけじゃない、春の楽しみがまた一つ増えました。

No.038 2009.06.10  <名づけ親>


 ペンネームの相談を受けたのは少し前のこと。それからほどなく「出来上がりました」の一文とともに、刷りたてホヤホヤの新刊本が送られてきました。私にとっても仕事冥利のうれしい瞬間です。

 分野はフィクション。装丁は、本の中で繰り広げられるダークな世界を暗示しているのか、混迷と懊悩の色を不穏な霧の如くにうっすら塗り込めたという印象。タイトルに寄り添うペンネームは、その繊細な字体が作家としての彼に似合っているなあと思いつつ、中を開いてみました。

 目に飛び込んできたのは、溢れるようにびっしり並んだ小さな活字たち。たいへんな力作であることは一目瞭然。これを読むには少しばかりの余裕と集中力と体力がいる、と瞬時に判断した私。「ムム・・・あとでゆっくり」とかなんとか意味のない呪文をつぶやきながら、思わず本を閉じてしまいました。

 その後ようやく、まとまった休日を使い、たまっていた数冊と格闘することに。もちろん、彼の一冊も気合いを入れてゆっくり読み進めました。

 読了後の私の頭は、軽い疲労感におそわれたほど重量級のストーリー。その文才におどろかされながら楽しい読書タイムを堪能。「いい作品を創ったね」と胸の内のつぶやきは、名づけ親から闘う彼への心からのエールでした。

No.036~No.038



No.036~040

No.031~035

No.026~030

No.021~025

No.016~020

No.011~015

No.006~010

No.001~005

[過去の日々所感メニュー]

このサイトについてのご意見ご感想はこちらへ Eメール:info@kuwanosiki.com

なおメールによるお名前のご質問、ご相談はお受けしておりません。ご了承ください。


桑野式内画法姓名判断(R) および内画法(R) はくわの擁齊の登録商標です

Copyright 2002-2010, Yousai Kuwano

ページ内容の無断転用・転載はご遠慮ください

Copyright 2002-2010, Office Kuwanosiki, all rights reserved